2018年1月14日(日)『その表紙では漫画は売れない! 〜ジャケ買いされる表紙の作り方〜』

『その表紙では漫画は売れない! 〜ジャケ買いされる表紙の作り方〜』

大盛況のうちに終了しました!たくさんの皆様のご来場、ありがとうございました!!

「内容さえ良ければ漫画は売れる?」

……残念ながら、多くの場合、それは夢物語です。
どんな素晴らしい内容でも、まず手に取ってもらえなければ読者には伝わりません。
そして、読者の目に最初に飛び込むのは漫画本の表紙なのです。

多くの人が考える以上に、表紙の良し悪しは漫画本の売上に大きな影響をもたらします。
それは読者への訴求力だけに留まらず、実は流通の段階においてすら影響を与えているのです。

では、「良い表紙」とは何か?
漫画家、編集者、デザイナーは「良い表紙」を目指すために何を知るべきなのか?
本講座では出版社の営業部員、および書店のコミック担当者にご登壇頂き、「良い表紙」の構成要素、ならびに「表紙」のもたらす様々な効果について講義して頂きます。

なんの知識も手がかりもなく、センスだけで漫然と表紙を作るのではなく、より戦略的に、より意識的に、「売れる表紙」を産み出す。そのための特別講座です。

ビジネス的観点から表紙について考えたい編集者、デザイナーの方。
さらには、自分の作品を広めるために、あらゆる努力を惜しみたくない漫画家の方にお勧めです。

場所・日時

  • 日時:2018年1月14日(日) (開場)12:30 (終演)15:30
  • 場所:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー24F
  • 参加費:1000円(会員価格)
    :5000円(一般価格)
  • 定員:100名

講義予定内容

  • 「良い装丁」とは何か?
  • 表紙は書店員からどう見られているのか
  • 書店員は表紙を見れば「売れる」「売れない」が分かる
  • 表紙を作る時に編集者は何を考えるべきか? そもそも考えているのか?
  • 文字情報たる帯の重要性
  • 表紙は内容を正確に伝えれば良い……”わけではない”
  • 「認知」を「関心」に変える装画・装丁とは?
  • 今スグ使える表紙作りのパターン例

※本講座では冒頭部で書店概論、営業概論を行う予定です。書店員が何をしているのか、出版社の営業部員が何をしているのかを知ることで、効果的な表紙が、流通のどの段階で、どのような影響を与えるのかを確認します。

講師紹介

千葉大輔
宙出版販売部所属リーダー。
編集部で漫画作品を作る経験を経た後、営業職として書店と接する中で表紙に関するノウハウを蓄える。

三木雄太
コミック担当書店員有志のチーム「コミタン!」主宰。
書店員として数々のコミックスを観察してきた立場から”売れる表紙”に関する見解を語る。

司会進行

講師:架神恭介(かがみきょうすけ)
作家・漫画原作者・ゲームデザイナー。実用書から小説、ライティングまで手がける作家。主な著書に『戦闘破壊学園ダンゲロス』『放課後ウィザード倶楽部』などがある。

講師:ごとう隼平(じゅんぺい)
漫画家・講師。漫画ネームの私塾、東京ネームタンクを主催し、受講者を多数、受賞・連載に導いている。主な著書に『銀塩少年』(小学館)がある。

企画協力

企画協力:坂場有妃子(さかばゆきこ)
株式会社クリアーティ代表取締役
漫画家向けにマネジメント、エージェント、カウンセリング業(メンタルケア)を手掛ける。

キャンセルポリシー

ご予約後のキャンセルは1/7の23:59までにご連絡お願いします(resv@mangiren.jpへメールをお願い致します)。それ以降のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。
また、キャンセル時は必ずご連絡下さい。事前連絡無しでのキャンセル・欠席についてはキャンセル料請求の上、次回の参加をお断りします。

参加申込

受付は終了いたしました。

主催:マンガ新連載研究会
企画協力:クリアーティ坂場