ミニ講座「はじめての企業案件」講師 : 井田峻平

LINEで送る
Pocket

商業誌などでのオリジナル作品発表以外にも、漫画家にはお金を稼ぐためのいろいろな選択肢があります。
その中でも企業からの依頼を受けて広告漫画などを描く「企業案件」は、漫画家の選択肢としてどんどん重要性を増していっています。
これはすなわち、企業が漫画の力を認識し始めたということでもあります。

企業案件には「相手の要望を受け取り、需要を満たし、顧客を満足させる」という面があります。
しかし、それは、オリジナル漫画であっても同じことです(あなたはまず担当編集を満足させなければなりません)。
また、企業案件は「分かりやすく伝える」ことが重視されるため、アングルや構図の工夫が求められ、説明シーンなどでの技術力アップにも繋がります。
オリジナル作品で行き詰まっている方も、企業案件を通して見えてくるものがあるかもしれません。

今回は企業案件の仲介会社である「トレンドプロ」の井田さんにご登壇頂き、「はじめての企業案件」というテーマで、トレンドプロにて作家として登録し、実際に仕事をするまでの流れなどをご紹介頂きます。
企業案件という選択肢を身近に感じて頂き、漫画家にはいろいろな選択肢があることを実感して貰うのが目的です。

予定内容

  • トレンドプロで仕事を貰うまで(ヒアリング→トライアル→ポートフォリオ提出など)
  • 絵のタッチを書き分けられる作家は有利
  • 企業とのやり取りはどうなるの?
  • これからは企業だけでなく個人もお仕事の対象に?
  • 酒場で知り合ったオッサンから仕事を貰う方法

企業が漫画化したいものの例

  • サービス説明
  • マニュアル
  • 新入社員に対して「これ読んどいて」マンガ
  • 「これやっちゃダメだよ」的な注意喚起マンガ
  • 企業理念(社員向け/対外的向け)
  • 就活生・転職者向け情報

動画配信

ここから先は会員のみ閲覧可能です。

入会はこちらから!

既存ユーザのログイン