ミニ講座「漫画家の海外進出(フランス編)」 講師:ウーランス・クリステル先生、ティモテ・ゲドン先生、高浪有紀先生

LINEで送る
Pocket

「海外までマーケットを広げたい!」「私の作品は海外の方が売れるのでは……?」
日本だけでなく海外での販売も視野に入れ始めている作家の方も増えてきていると思います。

今回はフランスで日本の漫画作品の翻訳・出版事業を行っている出版社「Kana」から編集者のウーランス・クリステル先生、ティモテ・ゲドン先生、高浪有紀先生をお招きし、フランスでの翻訳出版事情についてお話頂くことで、私たち作家側に何ができるか、可能なのかを探っていきたいと思います。

講義内容予定

  • 海外で翻訳出版される際の一般的な流れ(大手出版社を経由しての海外販売)
  • 作家側から可能なアプローチ手段とは?
  • フランスで特に売れやすい傾向にある日本のマンガ作品は?

講師紹介

クリステル・ウーランス
Kana取締役。Kanaの創立に参加し、以来日本の漫画の多様性をフランスの市場に紹介するため、翻訳出版を行ってきた編集者。

ティモテ・ゲドン
エディター。Kana で漫画の選出と出版を行っている。

高浪有紀
エディター。ティモテとタッグを組み、ベルギーで働く日本人。

動画配信

ここから先は会員のみ閲覧可能です。

ご入会は以下のバナーから!!

既存ユーザのログイン

CAPTCHA